国宝 松林図屏風(部分) 長谷川等伯筆 東京国立博物館

"京博"と"国宝"、ともに迎える120周年。

明治30年(1897)5月に帝国京都博物館(現・京都国立博物館)が開館した翌月、現在の文化財保護法の先駆けにあたる古社寺保存法が制定され、その中で初めて「国宝」という言葉が使われました。2017年は、文化財を守り伝える拠点としての京博誕生と、古社寺保存法制定から、ともに120周年の節目を迎える、記念すべき年です。


41年ぶり、待望の「国宝」展。ついに京都で実現!

京都国立博物館ではこれまで、昭和44年(1969)、昭和51年(1976)と、2度の「日本国宝展」を開催してきました。時を経ること41年。満を持してこの秋、京博で、関西で、3度目となる夢の「国宝」展を開催します。


4分の1もの国宝が、京博に集結!

2017年、国宝に指定される美術工芸品は885件。本展では、そのうちの約4分の1にあたる、約200件の国宝を、展示期間を大きく4期に分けて一挙公開します。普段は数年、数十年に一度、出会えるかどうかの貴重な国宝。1カ所にこれほど集まることは、まさに奇跡といえるでしょう。


  • ※2017年度に新たに指定される作品を含む。

ご覧あれ、京博の底力! 超豪華な12ジャンルは、全部屋みどころ満載。

京都国立博物館には、考古、彫刻、絵画(仏画、絵巻物・肖像画、中世絵画、近世絵画、中国絵画)、書跡、染織、金工、漆工、陶磁と、12のジャンルを支える研究員がいます。今回、総力を結集し、本展だからこそ実現する、夢の取り合わせをご覧いただきます。「画聖雪舟、全6件の国宝を1室で公開」、「長谷川等伯・久蔵、奇跡の親子共演」など、各ジャンル全ての展示室に、豪華すぎる夢の空間が出現します。

京都国立博物館館長ほか研究員一同(4月24日記者発表にて)

京都国立博物館館長ほか研究員一同
(4月24日記者発表にて)

ジャンル別作品紹介