陶磁

京都で花開く東山文化

破格の造形

国宝 志野茶碗 銘 卯花墻

国宝 志野茶碗(しのぢゃわん) (めい) 卯花墻(うのはながき)

1口 桃山時代 16~17世紀 東京・三井記念美術館

通期

迷いのない箆削りや歪ませた器形、そして胴に施された鉄絵具による垣根の文様と志野釉の色彩と景色。どれをとっても、「桃山」という、政治、文化が激しく変革する時代性を凝縮した茶碗です。作者は分かりませんが、抜群の技量を持った陶工によりつくられました。本展では、近世絵画と取り合わせて展示を行います。

王者の風格

国宝 青磁鳳凰耳花入 銘 万声

国宝 青磁鳳凰耳花入(せいじほうおうみみはないれ) (めい) 万声(ばんせい)

1口 中国 南宋時代 13世紀 大阪・和泉市久保惣記念美術館

Ⅰ・Ⅱ期

江戸時代、京都山科の毘沙門堂に伝わっていた花入で、これを目にした後西天皇が「万声」と銘を贈ったといわれます。後西天皇は、同じタイプの小振りの作である近衛家伝来の青磁花入(重文・陽明文庫蔵)には、「千声」の銘を与えて両者を兄弟に見立て、その風格と優美さを称えました。