「早割4枚セット券」は完売。「早割ペア券」は、7月6日(木)まで期間限定販売!

>>> くわしくはこちらをCLICK

最新情報

2017年6月23日

公式サイトをリニューアルしました。

音声ガイドは竹下景子さんに決定!

2017年6月7日

「早割4枚セット券」は好評につき完売しました。「早割ペア券」は7月6日(金)まで販売しています!

2017年6月5日

追加出品作品を発表!

早割4枚セット券」「早割ペア券」を本日より販売します。

2017年6月1日

トークイベント作品紹介ページをアップしました。

2017年4月26日

展覧会公式サイトをリニューアルしました。

公式オンラインチケット/手数料無料!自宅発券・スマホ入場が選べます!

今から120年前、「国宝」という言葉が産声をあげました。明治維新以降、国内の多くの宝物が破壊や盗難に遭い、中には海外に流出するものもありました。「国の宝を守り伝えなければならない。」人々が知恵を絞り、情熱を注ぎ、生まれた言葉。それが、「国宝」です。同じ年、京都国立博物館の前身である帝国京都博物館が開館しました。以来、文化財保護の拠点として、収集・保存・展示・研究を進めてきました。


2017年。「国宝」誕生と「京都国立博物館」誕生という、二つのメモリアルイヤーに、特別展覧会「国宝」を開催します。先人たちは外来文化を柔軟に取り入れながら、独自の美意識で、世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。国宝はその結晶であり、一つ一つに、何百年あるいは何千年という時を超えたドラマがあります。国宝の物語、それは、日本の歴史と美術の物語といっても過言ではありません。縄文から近世に至るまで、日本の悠久の歴史を伝える国宝のうち、約200件が集結する、奇跡の展覧会が実現します。


さあ、日本美術の真髄へ。


国宝物語のはじまりです。